スポンサードリンク
新・占いコラム

【四柱推命】天中殺や大殺界のときに結婚や転職はしないほうがいいの?それとも関係ないの?

こんにちわ!
渋谷のタロット占い屋、中川龍です☺️

 

四柱推命って知ってますか?

占星術みたいに生まれた日によって運勢が決まるというタイプの占いで、東洋占いではわりとメジャーなやつです。

さて、これの中で

「天中殺」「大殺界」という概念があります。

 

すごくざっくり解説すると、「めちゃめちゃ運勢が悪い時期」って解釈でオッケーです。

 

今日「天中殺や大殺界のときは、やはり結婚や転職はしないほうがいいのでしょうか?」という質問を頂きました。

今回は、これについて書いてみます☺️

 

(僕はタロット占い屋なので四柱推命は専門ではないので、そのつもりで読んでくださいね!)

(そもそもなんで僕に聞いたんだろう🤔笑)

 

天中殺や大殺界のときは、結婚や転職はしないほうがいいの?

結論から言ってしまうと、「あなたの信仰しやすい現実を選べばいい」です。

 

どういうことかというと、僕は占いというのは「信仰の選択」だと考えているんですね!

だから、自分にとって好きな現実を選べばいいのです☺️

 

信仰の選択とはどういうことか?

例えば、もしあなたが起業家とかで、これから何か大きなプロジェクトを動かさなければいけない場面に遭遇したとします。

こういうときは、「心の底から成功する」と思ってないといけません。

なぜなら、そうでないと、どこか不安な自分が出てしまい自滅しやすくなるからです。

人は不安になると、ちょっとのことが気になってうろたえてしまったり、小さなころで心が動じてしまったりして、せっかく普通にやってればそのままうまくいくはずだったプロジェクトを自分で自滅させてしまうことがあるのです。

人生の多くは自己成就型予言です。

人は、自分で信じた通りの現実に自分で向かいます。

だから、「うまくいかないかもしれない」と思えば、本当にうまくいきずらくなるし、「うまくいく」と思えば、本当にうまくいきやすくなります。

 

だから、何かに立ち向かうときは、何かに挑戦するときは、何かを選ぶときは、

「自分を安心させる根拠」

をいくつも持っておくことが大事です。

 

しかし、人の心はもろいので、時には「論理的な根拠だけ」では、どうしても「心の底から成功を確信できる」という状態には至れないことがあります。

そういうときに占いを活用する。

例えば、「自分なりに、できるだけのことはしてきた。論理的には、十中八九うまくいくとわかっている。それでも、どうしても、何か不安が残る、、、」みたいなときに、占いで、「今あなたは最高に素晴らしい時期だ、どんどん攻めるべきだ」

と言ってもらえれば、あなたの心の中の、「最後の何か」が埋まるかもしれません。

 

こんなふうに、「思い通りにならない自分自身の心を、思い通りにするための一要素」として占いを扱うことは、とても有用だと思います。

 

あなたの人生には、「天中殺を避けること」が必要?

というわけで、考えてみてください。

あなたの人生には、「天中殺や大殺界のときは結婚や転職は避けるべき」という信仰が必要でしょうか?

あなたがそう信じることで、あなたの中の何かが「加速される」「後押しされる」「なんらかの行動力を産む」というのであれば、あなたにはきっとこの世界観が合っているのでしょう。

だったらその通りに、天中殺や大殺界のときは結婚や転職を避ければいいです。

 

しかし、もしそうでないなら。

もしあなたが、さっさと行動すればいいだけのことを先延ばしにする口実として、この天中殺や大殺界を利用しているだけなのであれば、そんな信仰は捨てて、さっさと結婚してさっさと転職すればいいです。

人生はなにごともスピードが肝心ですよ!

なにごとも、思い立ったら即行動!

これができない人は、何したってうまくいきません!

 

占いで運勢が決まるのではなく、占いをどう運用するかであなたの人生が決まる

まとめると…

  • 天中殺や大殺界とは、明確に、科学的に、「そういう運勢がある」と実証されているのではなく、
  • 「そういう運勢がある」という概念が提案されているだけです。
  • だから、自分にとって有用な概念を、あなたが選べばいいです☺️
  • あなたにとってそれを信仰する生き方が「必要だ」と思うなら、その時期を避けて結婚や転職をすればいいですが
  • そうでもないなら、あるいは「俺の運勢を決めるのは俺だけだ!」と思うなら、気にせず結婚転職すればいいです。

ってことですね!

 

よく、「占いは統計学じゃー」と言ってる人がいますが、それは間違いです。

占いの歴史上、統計学的な手法をもとに調査が行われたことは一度もありません。

そもそも統計学が生まれたのは1800年代以後です。

占いはあくまでも、統計ではなく「信仰」です。

 

あ、ちなみに僕自身は、

「基本的には俺の運勢を決めるのは俺だけだと思ってるから、占星術だの四柱推命だのの『生まれた時間で運勢が決まる』みたいなやつは全部ちゃんちゃらおかしいぜ!」

「でも心が弱ってる時に、勇気をもらえそうな情報をくれるときだけは、そういうのを信仰するぜ!」

「こんな雑な信仰でも、占星術や四柱推命の神様はきっと俺を守ってくださるはずだ!ありがとう世界!」

という概念を、信仰しています。笑

 

このブログは

渋谷のタロット占い屋、中川龍のブログです😊
事務所の場所は、渋谷駅から徒歩5分・道玄坂エリア!
遠方の方はLineやSkpeによる通話セッションも可能です!
セッション申し込みはこちら!

関連記事